ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

2019年05月

暑くなってくると着たくなる白シャツ。

バックラッシュご予約を引き取りに来られたお客様も白シャツ買われていました。
ISAMU KATAYAMA BACKLASH
バックラッシュ、リネン100%シャツ

元々シワが入っているので、洗濯してもアイロンを当てず、
シワの入ったまま着ていただきたいシャツ。

シャツの襟は比較的小ぶりです。
小ぶりの襟だと、仰々しくなくさらっと着ていただけますが
首の長い方は、バランスがとりづらいです。

以前オーダーシャツを作る時に、襟は小さめでお願いすると、
森くんは首が長いから、襟が小さいとバランスがわるくなるよ。
と、教えてもらったことがあります。

白シャツに色落ちしていないデニムを合わせると上品になります。
ISAMU KATAYAMA BACKLASH

色落ちしているデニムを合わせると、爽やかな夏を感じるコーディネートに。
ISAMU KATAYAMA BACKLASH


昨今スニーカーブームで、それはまだ当分続きそうです。

ローテクなものからハイテクなものまで幅広くあり
どのスニーカーをチョイスするかで見た目の印象もガラッと変わってきます。

同じスニーカーをしばらく履いていると、
そのスニーカーに合うパンツ、合わないパンツが出てくるかと思います。

スニーカーの個性とパンツの個性(シルエットや生地感、色など)で
相性が良いものわるいものが存在します。

calling_blog2
こちらの4種類のスニーカーの内、下のパンツにどれが一番フィットするのか。

calling_blog
わたりが広くてゆったりしたパンツです。

裾はロールアップして穿くことが前提で作られています。

それぞれで写真を撮ってみました。

calling_blog6
19SSで人気のスニーカー(当店もあと一足になりました。)
これだとパンツのボリュームをやや受け止めきれていません。
calling_blog4
次に同じ黒でもボリュームのあるスニーカー
パンツのボリュームは受け止めていますが、パンツとスニーカーの流れがいまいち。
calling_blog5
ボリュームのあるスニーカーですが、色が薄い分、印象が和らいでいます。
これからの季節にわるくないと思います。
calling_blog7
最後にローテク的スニーカー
こちら合わせてみると、一番合いました。
足首も見え(実際に自分で全て試しました)
季節感もあり、ムードがありました。

ちょっと駆け足で書いてしまいましたが
スニーカーでもパンツでも実際に購入されるときには
色々と試してみることをおすすめいたします。



イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース
人気定番のイタリアンショルダー製品染めシングルライダース(1254-01)

写真の2着はバックラッシュスタッフ私物。
イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース

イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース


イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース

比べると、革の擦り切れ方や色の出方(抜け方)が違っています。

袖口が擦り切れている方ですが、こっちの方が着用頻度が高いのかなと思います。
袖口は、ポケットに手を入れたり、何かしら何かに当たるところで
その分革も痛みます。

こういうところには、手でクリームを揉み込んであげると
革が潤いひび割れしにくくなります。
(冬の手にハンドクリームを塗るとカサカサが治るのと同じ)


↑このページのトップヘ