ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: 経年変化

calling_12_28
「カードケースが欲しくて、いいの買えて良かったです」

ブラドルレザーのカードケース(名刺入れ)をご購入のお客様。

着用していたバックラッシュとヨージヤマモトのコラボライダース
かっこ良い味が出ていました。
calling_12_28_2


calling_12_7_5
「なかなか手強かったですが
馴染んできてやっと味が出てきました」

スエードの経年変化は表革とまた違った表情で玄人好み。


ECサイト限定
11月21日〜12月31日までWポイントでポイント6%還元。
また税込55,000円以上お買い上げの方にノベルティーとしてTシャツをご用意しております。
ノベルティーは店頭でもご用意しております。
数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。

0001
現在メルマガにて2021 2ndコレクションを配信しております。
すでにご登録の方には配信済みですが、ご興味ある方はメルマガにご登録くださいませ。

メルマガ登録URL
http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html

calling_11_25_2
今は生産していなモデル
480-2
イタリアンショルダーアンティーク加工のお財布。

色はもうこげ茶のような最初からアンティークな風合いでしたが
さらにアンティーク感が増していました。

財布の蓋を開けると
calling_11_25
内側はまだ最初の色を残していました。

財布は毎日手で触ったり、擦れたりするので
経年変化が早く、バックラッシュのベジタブルタンニン鞣しの革を
十二分に味わうことが出来ます。

「最初のバックラッシュは財布でした」と言う方は意外と多いです。



今日は
名古屋からライダースをお買い上げに来られました。

タイミングが一度延期になり
まだあるかな?と思いながら。

(売り切れ寸前でありましたが)
めでたく思いの形、思いのサイズがあり
ご満足でそのまま着てお店を出られました。

「この先この革がどうなるか楽しみです」



そのあとバックラッシュを
10年来、着ておられるお客様


年齢を重ねるうち、ちょっと太ってしまい
バックラッシュのテーラードジャケットがぎりぎりの状態なんです。

ニットが中に着れず、どうしようかと
薄手のインナーをお探しに。

今日はそのテーラードではなく
ライダースタイプを着てご来店でした。

あれっ?カッコよくなってますね
イタリアンダブルショルダーですか?

違います
イタリアンバッファローです。

すいません失礼しました、、。


記念にお写真を撮らせていただきました。



DSC_3111

この辺のしわ
なんか生きてるみたいですね。

DSC_3112

でもあんまり着てないんですけど。


良いもの見せていただきました。
ありがとうございます。


結局薄手のインナーではなく
カシミアのマフラーにされました。

最近は
ダウン、ダブルライダースが動いています。


                     CALLING BACKLASH

ECサイト限定
11月21日〜12月31日までWポイントでポイント6%還元。
また税込55,000円以上お買い上げの方にノベルティーとしてTシャツをご用意しております。
ノベルティーは店頭でもご用意しております。
数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。

calling_11_5_4
383-01
クロコダイル2つ折り財布
121,000円

8年ほどお使いのお財布です。
こちらの財布を買って半年後にブログに掲載したことがあります。

今は大阪に住んでいるので、最近はこの財布をメインで使っているそうです。

クロコは牛革のような経年変化とはまた違いますが
確実にかっこいい変化をします。
革好きな方なら、使い込んだクロコを見たら思わず欲しくなると思います。
そう思わせる魅力がクロコにはあります。





calling_11_5_5
フレンチショルダーのセミダブル、お客様着用1年程度
calling_11_5_6
さっき店頭で久しぶりに新品見ましたけど、
こんなだっけ?と思いました。
ワックスの白いのも表面に残っているし、何と言っても硬い(笑)

お客様のフレンチショルダーはクッタクタで肉厚だけど柔らかく
とても着やすいライダースになっていました。
calling_11_5_7

calling_11_5_8
肩にエルボーパッチがあるので着始めは肩が浮いているような感じがしてました。
今はそんなことないですね。
逆に、しっかり肩に収まってる感じがして着やすいですよ。





バッファロー(水牛は水に浸かってる)の特徴
それは「シボ」

この手の革
販売する側からすると
説明を途中棄権してしまうことがよくある

「苦手なんだよ」と初めからパスの方
シボ革が欲しいという積極的なお客様は誠に 珍しく、、。

名前の響きも派手さのない感じ

なかなか攻めの言葉が見つからず
守りの言葉でお茶を濁す、、。
「傷は付きにくいですよ」。

全体を覆う、鮫肌のようなブツブツ
それによる光沢の無さ
型押しのような経年変化が望めない感じ

つまり派手さが無い、色気が無い、あまり変化しない

よさげな言葉を選べば
「男くさい」とか、落ち着いた感じとか
出過ぎたぎらつきは無い代わりに
一歩手前のスモーキーで通向けな
わかりにくい感じは確かにある

財布にしてもベルトにしても革ジャンにしても
なんにしてもこの革の良さを伝えづらい

しかし、長い間着れば
長い間使用すればきっとそれなりの良さが現れるだろう
10年?もっと? 
買った時よりも?

やっぱり長く使い込めばその時はやってきます。

DSC_2905
これは素晴らしい
しっかり特徴の(賛否両論の!?)シボ感は残っていて生々しく
しかし、何より表面がザラっとして乾いた感じのこの味わい。
久々経年の魔力を感じました。

calling_9_1
1151-02
イタリアンバッファロー製品染め
シングルライダース
お客様が10年着用。
calling_9_1_2
元々夏のバイク用にご購入。

夏のきつい日差しと、急な土砂降りにもさらされてきた10年。

ただ革はいたって変わったところなし。のように見えます。

しなやかさもあり、芯もありといった感じでイタショルとは違う感じです。
calling_9_1_3
このモデル、夏にバイクによかったというお客さまの理由は

「バイクで走っていると腕の付け根の縫製のところと
フロントファスナーから風が入っていい感じなんですよ。
止まると暑いですけどね。」と。

calling_9_1_4
裏地なしなので初夏まで着ていただけるモデルです。

こちらのモデルが出た2010AW当時は
今と人気サイズが逆だったんだなぁとこちらを見て思いました。


ECサイト限定
9月30日までポイント10%還元
2021SSご予約のお客様にはノベルティーあり。
数に限りがありますので先着順でなくなり次第終了。

店舗
営業時間:12:30~17:00 
定休日:毎週水、木 
日曜日はアポイント制で営業いたしますので
日曜日ご来店ご希望の方は事前にご来店日と時間帯メールでご連絡くださいませ。 info@callingbacklash.com 








17_01_17
お客さま着用の1254-02 イタリアンショルダー製品染め ダブルライダース
17_01_17b
飾るだけで絵になります。


営業時間:12:30~17:00 
定休日:毎週水、木 
日曜日はアポイント制で営業いたしますので
日曜日ご来店ご希望の方は事前にご来店日と時間帯メールでご連絡くださいませ。 info@callingbacklash.com


店舗もしくは通販で22,000円以上お買い上げのお客様に
レザーマスクバックベルトをお付けします。
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。
(残り少なくなりました)

---バックラッシュ コメント---
既に生活必需品となったマスクですが 
毎日長時間つけていることで耳が痛くなってしまう方も多いと思います。
そんな方へ耳への負担を少しでも軽減するために作成致しました。 
マスクの両サイドのゴム(紐)に通していただき、 後頭部でホックで固定して使用します。
ホックの位置を変えて長さの調節も可能です。
手首につけるとレザーブレスにもなります。
calling_6_6_2
calling_6_6_3
calling_6_6_4


またレザーウェアお買い上げの方にノベルティーとして
Tシャツをお付けしております。
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。 
サイズはM、L、XLで色は白と黒になります。 
お色は選べませんのでご了承くださいませ。 
なくなり次第終了。
calling_6_6_t_4

calling_6_6_t_3

calling_6_6_t_2

calling_6_6_t




calling_6_4
こちらは過去に掲載したことのある写真と記事です。

写真は現在生産していないベルギーショルダー製品染めの短靴。
今はダブルショルダー製品染めです。(J-571-02 63,800円)
ブーツに比べると、サイズ感は小さく感じます。
毎日履くと一週間もあれば、かなり馴染みます。

calling_6_4_2
左が新品、右がお客さまの。
まるで違うものに、見えると思います。
靴の革だけでなく、コバも艶が上がっています。
履くほどに、味わいが増す靴です。



↑このページのトップヘ