ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: 経年変化

先日ブログで書いた2018AWのプレミアムレザーのGUIDIホースバット。

本日の報告会にまさにそれを着てご来店のお客さま。

お買い上げは年末頃でしたので、着て二ヶ月程度ですがほぼ毎日着ているようです。

19_02_24_calling_blog

僕も着させてもらいましたが、かなり着やすくなっていました。
新品時は、割としっかりした革でアームなどちょっと硬いなぁという印象でしたが
それがまるでなく、動かしやすかったです。

19_02_24_calling_blog2
どこまでも立体的で絵になります。

19_02_24_calling_blog3
中のシャツはLES LESTON、セーターはコムデギャルソンで合わせていました。

お客さまは報告会と19SSでご予約されていた商品を引き取りに。
さっそく着て帰られました。

19_02_24_calling_blog4
写真のベストがご予約商品。
予約をこの商品にするか、このベストのオールレザーの方にするか悩んで
こちらの方にされました。


受注会
3月2日(土)3日(日)

既製品でサイズが合わない方は
受注会の時のみサイズを調整することが出来きる、サイズオーダーをお受けいたしております。
この機会をご利用下さいませ。

またご遠方のために、ご来店が難しいお客様で
2019AWに興味のあるお客様はご連絡下さいませ。
info@callingbacklash.com
ご案内させて頂きます。
メールでいただいたお問い合わせは、ご案内を持ってお返事とさせていただきます。


4年ほど前にお買い上げいただいたイタショルシングル
19_02_05_blog_4
新品時はカサっと乾いた表面で、コシのある手触り。
色は光の当たる角度にもよりますが、グレーっぽくも見えます。

それが着用していくと、コシは残したままヌメッとした手触りに変わり、
色は底光りする黒色に。
19_02_05_blog_5
特にアームはまだ人が着ているかのように、形が出来ています。
コシのないレザーだとこうはなりません。
丁寧に鞣された上質な革は、時間が経てば経つほど使い込めば使い込むほど
その良さが際立ってきます。
19_02_05_blog_3
買った時はもう少しタイトでも良いかなと思ったんですが
今はMサイズが欲しい(お客様はSサイズ)です。
なんか不思議です。と。

お客様コーディネート
ライダース:バックラッシュ
赤のニット:ユニクロ
パンツ:PT01
スニーカー:ガーメントプロジェクト


コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 

レザージャケット、レザーパンツ、レザーブーツ
この3アイテム
レザーライダースを流行りもの、ファッションアイテムと捉えてない
レザーが好きなお客様からよくご要望をいただきます。
レザーを中心としたライフスタイル
ノーレザー、ノーライフと言っていいほどレザー愛に溢れていらっしゃいます。

古来からある素材、使えば使うほど魅力が増し
磨けば磨くほど上がっていくような素材はレザー以外に見当たらない

色やデザイン、フォルムよりもレザーそのものが持つその存在感
いつもどこかに身に着けていたいものです。

それは追々、という方に
革感覚をお手軽に楽しもうということで
年明けから財布がよく売れています。


2019年 レザーライフを始めるなら
やはりこの形から
イサムカタヤマバックラッシュ 318-03 ダブルショルダー製品染め 財布

「アイツ革持って歩いてるよ」というコンセプトで作られた
革の塊のような財布。

お使いの皆さん 
只今どんな風に変化していますでしょうか。



コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 


同じ素材でも
なんか違いますね?。

二つの生地が違うように見えるのは
フィニッシュの違いです。

フ フィニッシュ??

そうです。
毛羽立ちさせてるか寝かせてるか。
特にデニムはフィニッシュの技術が進んでます。

革でもありますか?
そうですね アタリや加工のひと手間
洗いをかけるかけないもフィニッシュ違いということになります。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

なるほど。
味だしも、しわの加減も
仕上げを担当する職人のセンスが光ります。


一例をあげると
服に曖昧な雰囲気を出すのはイタリア人が巧い
これ何色?って感じの色味とかもそうですね。
こなれてるのが好きなんです あの人たちは。
やわらかさというか。
あまり機械的均一さを求めません。

終わりよければすべてよし。
深い味になればそれは当たり。
あれ?感じが前と違うじゃんはままあること ”ケセラセラ”。


そのあとは

ISAMU KATAYAMA BACKLASH
マイカスタムや


ISAMU KATAYAMA BACKLASH
マイスタンダード


そして最後は年月をかけ
”マイフィニッシュ”してくのが最高かもしれません。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH
究極のマイフィニッシュ、、恐れ入ります。

レザーはどう変化していくかが終わりなき未知の世界、そこが魅力です。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。



8年ほど前にお買い上げいただいたクロコの財布。
イサムカタヤマバックラッシュ クロコダイル長財布
現在定番の墨染めではなく、革はクロコの表面を削ったヌバックで
ムラ墨染めだったように思います。

時間の経過と共に、色の濃淡がより出て、何とも言えない雰囲気でした。

使えば傷が付きますし、色も変わっていきますが
だからこそ大事にもしますし、愛着も湧くように思います。

現在定番のクロコ墨染めのラウンドファスナー長財布

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。



イサムカタヤマバックラッシュ イタリアンショルダー製品染めシングルライダース 1254-01
2年前にお買い上げいただいたイタショルのシングルライダース
よく着て頂いているようで、艶が上がり、革も柔らかく、少し茶系に変化していました。

今度はダブルが欲しいです。とご来店。

イタショルのダブルと思って来ましたが、
試着してみると、製品染めではないオリーチェヴィンテージともにいい。

ご一緒にお越しだった彼女さまは、ヴィンテージが似合うんじゃないかと。

最終、ヴィンテージにするか、イタショルにするか悩み

選ばれたのはイタショルのダブル(ミッドナイトブラック)でした。

「コーリングバックラッシュ」公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。



「茶色のレザーって
歳を重ねた分だけ年季が出るよね
おっさんというかなあ、、
年々渋なるねん
その辺が茶系の魅力やなと思う」

そうですわかります。。

「黒はどこまで行ってもクロやん
でも俺はクロ好きやけどな。
茶色はハタで見ててええなあと、、。」

バックラッシュ レザージャケット

とあるお客様の茶色のライダース。
ハッとさせられるこの色の変化と表情。

年月は4年半。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア

http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

今日は約10年前のドイツカーフをお客様に見せてもらいました。
かなりの柔らかさに驚いてしまいました。
ライトニング型 やっぱりいいですね。

そしていろいろと
昔の感想メールを読み返すと、、。

・・・・

イタリアンダブルショルダーのダブルを
購入後ほぼ毎日着て(ほとんど家の中ですが)
だいぶ馴染み着やすくなってきました。

今回のMEMOのタイトルと内容が
自分の状況に近いものがあったので、メールを送った次第です。
自分も数年前までは、高い服を買うことなんてほとんどありませんでした。

が、最近仲良くしてもらっている先輩と
周りの友人達の影響で、革製品の魅力に引かれ始め
ここ一年の間にブーツや革ジャンを買うようになり
友人の一人がFBでイイねしていた、コーリング バックラッシュを知りました。

当初はいいなぁと思いつつも、
こんなに高い物は買えないなと考えていたのですが
オークションで偶然にも、ジャパンショルダーのチャッカブーツを
ほぼ新品の状態で手にする事ができ
バックラッシュの良さを実感したところから
バックラッシュのライダースを欲しいと思い始めたところに

ミッドナイトブラック!

一気に心を持っていかれ衝動買いしてしまいました
でもまったく後悔することのない魅力ある商品で
ますますバックラッシュが好きになりましたよ。

ライダース

http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/isamu_katayama_backlash/isamukatayamabacklash-1254-02-MB
マイバックラッシュ
あれから5年
その後どうなってますでしょうか?。
また感想聞かせてください。

※ 非常に履きやすいトルコデニム (メイドインイタリー)
   ストレート インディゴ ブラック 入荷しました。

↑このページのトップヘ