ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:ブライドルレザー

calling_2_6_4
岩手県のお客様
323-12 BLACK
ブライドルレザーラウンドファスナー長財布
66,000円

先日通販でご購入いただいたお客様より
メールがありましたのでご紹介いたします。

ブライドルレザーの財布は、いつか欲しいと思っていて、
ようやく買うことができ、心から嬉しいです。
実物を拝見し、驚くほど滑らかなレザーでしたし、
芸術的とも言える美しさに、感動・感激しております。


calling_7_5
323-12
ブライドルレザーラウンドファスナー長財布
66,000円

ラウンドファスナー長財布の中で当店一番人気の財布。

ブライドルレザーはベジタブル鞣しの中でもさらに希少な革です。
ブライドルレザーは牛革にロウを染み込ませた頑丈な革で
元々英国製の革でしたが、今では北米などでも生産されています。

英国だけに限定すると 
全世界の革製品輸出量中、英国が占めるのはわずか1.16%で第18位。
(2006年のデータです) 

1.16%しかないものの中から日本に入って来ているものが、
何%かはわかりませんが かなり希少な革です。

その頑丈で屈強なブライドルレザーの財布を4-5年ほど前に買いました。
(ラウンドファスナータイプではありません)

買ってすぐのこと、外は雨でしたがお昼ご飯に出ました。
バックラッシュの製品は使っていたので雨に濡れてもどうってことない、
ライダースが雨に濡れたり、洗濯したりした経験からそう思っていました。

ブライドルの財布を雨の中、手で持っていました。
雨ですので、財布がポツポツと雨にうたれます。

ご飯を食べる最中だったと思いますが
気がつくと雨にうたれた箇所が水ぶくれていました。

よくオールデンのコードバンの革で
雨にうたれるとそうなると聞きいていました。
頑丈で屈強なブライドルもそうなんだと。
ただそのうち消えるかなと思っていました。

あれから数年
calling_7_5_3
白丸で囲んだところにブツっとした跡が見えますでしょうか。
雨にうたれたところです。
当時の水ぶくれのような感じはなく、跡として残っています。

個人的に使っている分には何の支障もないし
販売員という仕事柄、お客様にお伝え出来る苦い経験として
良かったなと思っている出来事です。

ブライドルレザーは他の革に比べ持った存在感が
桁違いにあると思います。
手の力に負けないというか。
あの感触はブライドルならではのものだと思います。

雨の中、財布を濡らしてもいいかと思う人は少ないと思いますが
ご購入される時は、ご自身の好みや使い方に合わせて
選んでいただければ幸いです。




お電話で

「ブライドルレザーのお財布ありますでしょうか?」


はい 
ござい   ます。



プレゼントなんですね

そうです。


お持ちのお鞄を拝見するに革のことを
熱く語ってもいいようにお見受けしました。

では

「ブライドルレザーは昔々英国で開発された馬具に使われる革で
手綱や鞍や鐙(あぶみ)に使われ
手綱や鐙は命綱であり馬を繋ぎ力尽くで引っ張ったり鞍と馬をつなぐ腹帯は
胴体を吊り上げ締め上げ安定させるのでなるべく伸びないように
雨に濡れドロドロになっても乾けばコシが戻るように 
蝋を時間をかけて染み込ませてとてつもなく頑丈に板のように硬く
つまり人ではなく馬!対応に仕上げられた革なんで
それほどの革を二つ折財布にすると折り曲げにくいことは確かです、、それでもよろしいでしょうか?」



DSC_0979


革トークはさておき
ギフトラッピングも承っております。


↑このページのトップヘ