ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:経年変化

calling_4_19_3
神奈川県のお客様
318-03 KHAKI ダブルショルダー製品染め財布 27,500円
92-05 BLACK ダブルショルダー製品染めウエストホルダーラージ 26,400円calling_4_19_4
318-03 KHAKI
写真手前はお客様が6年ほど使って
お店に置いてってくれた財布。
光沢と触った時の滑らかさが素晴らしいです。
写真奥は新品。
まだ革はマットです。



calling_4_3
1842-01
フレンチショルダー製品染めワックス仕上げ
セミダブル
231,000円

半年以上前にお買い上げいただいたセミダブル。
お客様曰く、持ってる中でこれが一番気に入ってる。と。







フレンチショルダー製品染めの新色、ロッソを
昨年11月に買って帰られた京都のお客様。
calling_4_3_3
イタショルもお持ちですが
自分はこのフレンチの方が好みやね。とおっしゃっていました。
calling_4_3_4
まだ着込むほどまで行ってませんが、
この革はこれからますます良くなると思いますよ。と。


calling_3_22_5
1年ほど前にお買い上げいただいた別注オリーチェシングルライダース
calling_3_22_6
先日のMARYAMのセミダブルを引き取りに来られたお客様のもの。
calling_3_22_7
これも前は開けたまま着ています。
レザー着る時は前は基本開けたままなんですよね。

良い感じに育っていってました。




calling_2_8_4
パイソン(ヘビ革)のお財布
左上がお客様2年ほどご使用のもの。
右下が新品です。

ヘビ革の経年変化は牛革に比べるとわかりにくいですが
ほんのり艶が出てきます。
また鱗もややしっとりしてきます。

新品に比べると色の濃さも深まっています。

ヘビ革でよく聞かれるのが
使っていて鱗が剥がれないか?と言うことです。
鱗が剥がれる事はあると思います。
ただ普通に使っていればなかなかないです。
鱗が剥がれるのは、鋭利なもので切るなどした時です。

また鱗が剥がれるのではなく、擦切れる事はあります。
僕自身、ヘビ革のバッグを長年使っていますが
10_06_15
ボタンのヘビ革は擦り切れています。





calling_12_7_5
「なかなか手強かったですが
馴染んできてやっと味が出てきました」

スエードの経年変化は表革とまた違った表情で玄人好み。


ECサイト限定
11月21日〜12月31日までWポイントでポイント6%還元。
また税込55,000円以上お買い上げの方にノベルティーとしてTシャツをご用意しております。
ノベルティーは店頭でもご用意しております。
数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。

0001
現在メルマガにて2021 2ndコレクションを配信しております。
すでにご登録の方には配信済みですが、ご興味ある方はメルマガにご登録くださいませ。

メルマガ登録URL
http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html

calling_11_25_2
今は生産していなモデル
480-2
イタリアンショルダーアンティーク加工のお財布。

色はもうこげ茶のような最初からアンティークな風合いでしたが
さらにアンティーク感が増していました。

財布の蓋を開けると
calling_11_25
内側はまだ最初の色を残していました。

財布は毎日手で触ったり、擦れたりするので
経年変化が早く、バックラッシュのベジタブルタンニン鞣しの革を
十二分に味わうことが出来ます。

「最初のバックラッシュは財布でした」と言う方は意外と多いです。



calling_11_5_4
383-01
クロコダイル2つ折り財布
121,000円

8年ほどお使いのお財布です。
こちらの財布を買って半年後にブログに掲載したことがあります。

今は大阪に住んでいるので、最近はこの財布をメインで使っているそうです。

クロコは牛革のような経年変化とはまた違いますが
確実にかっこいい変化をします。
革好きな方なら、使い込んだクロコを見たら思わず欲しくなると思います。
そう思わせる魅力がクロコにはあります。





calling_9_1
1151-02
イタリアンバッファロー製品染め
シングルライダース
お客様が10年着用。
calling_9_1_2
元々夏のバイク用にご購入。

夏のきつい日差しと、急な土砂降りにもさらされてきた10年。

ただ革はいたって変わったところなし。のように見えます。

しなやかさもあり、芯もありといった感じでイタショルとは違う感じです。
calling_9_1_3
このモデル、夏にバイクによかったというお客さまの理由は

「バイクで走っていると腕の付け根の縫製のところと
フロントファスナーから風が入っていい感じなんですよ。
止まると暑いですけどね。」と。

calling_9_1_4
裏地なしなので初夏まで着ていただけるモデルです。

こちらのモデルが出た2010AW当時は
今と人気サイズが逆だったんだなぁとこちらを見て思いました。


ECサイト限定
9月30日までポイント10%還元
2021SSご予約のお客様にはノベルティーあり。
数に限りがありますので先着順でなくなり次第終了。

店舗
営業時間:12:30~17:00 
定休日:毎週水、木 
日曜日はアポイント制で営業いたしますので
日曜日ご来店ご希望の方は事前にご来店日と時間帯メールでご連絡くださいませ。 info@callingbacklash.com 








calling_5_22
ダブルショルダー製品染めのKHAKI
写真右が新品。左が使って5-6年。
calling_5_22_2

calling_5_22_3
新品は革の切りっぱなしのところが毛羽立っています。
calling_5_22_4
こちらは毛羽立ちもなく角が取れて丸くなりツヤも出ています。
calling_5_22_5
ヒップポケットに入れていたので財布が緩やかに曲線を描いています。

2009年10月18日のブログから抜粋(5-6年使った財布のこと)

この財布ですが、最近お客様がパープル系のシュークリームを塗ったそうです。
なぜ、パープル系を塗ったのかというと、
(実際の色の名前はラズベリーかバイオレットのような名前だったそうです)
最近茶系のドレスシューズのシュークリームを買いに行ったところ、
その茶系の靴なら、茶色のシュークリームより、
パープル系の方が色が深くなっていいと思う。
とアドバイスを受けたそうです。
それで靴に塗るといい感じになったようです。

その靴とこの財布の色が似てるな。と思い、
この財布にもシュークリームを塗ったそうです。


店舗もしくは通販で22,000円以上お買い上げのお客様に
ディアスキンレザーマスクをお付けしておりま
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。

calling_4_11c

現在ご来店はアポイント制にさせていただいております。
ご来店ご希望のお客様はメールくださいませ。
お手数おかけしてすみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

info@callingbacklash.com 

 



 

↑このページのトップヘ