ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:財布

近くの店で取扱がなくなってと
遠方からご来店

色々と見ていただいた結果
この財布にされました。
DSC_2297
黒デニムポケットからのぞく財布のこの色が
おしゃれだということで。


長きにわたり通った馴染みの店が
無くなるのはつらいですね。


そこで最初に買った茶色の財布。
DSC_2296
その年月の経過が
物語のように伝わってきます


店やモノが役目を終えても思い出は残ります。


少し遠いですけど
コーリングバックラッシュもよろしくお願いします。



ヨージヤマモトがお好きな方がご来店
「最近このブランドを知りました」
服の感じよりは財布と靴に惹かれました。

おすすめは?

やはり革の表情がそのまま出てる
ダブルショルダーシリーズでしょうか。

財布はこれです。

使うほど艶が上がってピカピカになります
人呼んで「みにくいアヒルの子」財布です。

何十年も語り続けてるこの接客時のフレーズ
印象的なエピソードを持つアイテム
(エルメスでいえば「バーキン」のようなもの、、。)

その昔、この財布を使い終えた方がそれを店に寄付してくれました
今日も新しいお客様に紹介しています。
「えーこんなんになるの?」
DSC_1962
見事な経年変化 
これが欲しいと言われることもあります。

いよいよGWにそのようなエピソードを持つ
着倒した私物が店に並びます。非売品ですのであしからず。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア 予約ページ
http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/backlash_2019aw_order



レザージャケット、レザーパンツ、レザーブーツ
この3アイテム
レザーライダースを流行りもの、ファッションアイテムと捉えてない
レザーが好きなお客様からよくご要望をいただきます。
レザーを中心としたライフスタイル
ノーレザー、ノーライフと言っていいほどレザー愛に溢れていらっしゃいます。

古来からある素材、使えば使うほど魅力が増し
磨けば磨くほど上がっていくような素材はレザー以外に見当たらない

色やデザイン、フォルムよりもレザーそのものが持つその存在感
いつもどこかに身に着けていたいものです。

それは追々、という方に
革感覚をお手軽に楽しもうということで
年明けから財布がよく売れています。


2019年 レザーライフを始めるなら
やはりこの形から
イサムカタヤマバックラッシュ 318-03 ダブルショルダー製品染め 財布

「アイツ革持って歩いてるよ」というコンセプトで作られた
革の塊のような財布。

お使いの皆さん 
只今どんな風に変化していますでしょうか。



コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 


イタリアンダブルショルダーのダブルを買いに
お越しいただいたけどサイズがハマらず
(ウエストが極端に細い方)

ヴィンテージレザーのダブルを買いに
お越しいただいたけどこれまたハマらず
(ほっそり長身で肩幅がかなり広い)

サイズは難しい
他のモデルにしたら可能性はやや広がる
どの部分かを妥協して(割り切って)選ぶしかない

最近の傾向でややゆったりで着こなしてみる。

これはこれでアリという先入観で見てみる。

全体の雰囲気で受け止める。


昨日は

DSC_0065
お目当てのこの財布
やや大きくビジネスユースでは難しそうと
断念された方がいらっしゃいました。

サイズ選びは実際にモノを見ても難しい。。


コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 

入荷後
はやくもライダースに動きが

去年買いそびれたシングルライダースが気になって。

サイズのあるうちに見に来ました。
しばしサイズ感のチェック
МとLのはざまで

次はLでいこうかな。
しかしあの未だ見ぬ新色はまだ入っていない、、、。
DSC_1387
お買い上げは
黒カーデと軍パンとレザーサンダル

軍パン 39,000円+tax

KHAKI
XS
S
M
L
数量


ちなみにダブルライダースはMサイズをお持ちです。

別のお客様は
財布、ベルトをセットでお買い上げされました。

ダブルショルダー35mm巾ベルト
318-27 BK 27,000円+tax
カラー
BLACK
数量

気に入った財布は
長く使えば使うほど愛着がわく

しかし少しずつぼろくもなる

新しい形もいいが
使い勝手が変わると 

どこで乗り換えようか、、。

思案してるうちにも時が経ち
使えば使うほど艶が出て
自分の分身のような歴史がいつも手元に。

捨てるなんて出来ません

しかし傷んでくるのは止めようがない

レザーグッズの宿命、、、。


先日ご来店いただいた方は
なんと2個持ち(一つは微妙に兼用)


愛犬を見せてもらうように
使用年齢も聞いたりして
ナデナデもして見入ってしまいました。

DSC_1259 (1)
右はパイソン ウロコもばっちり

やっぱり使いこんでる財布はすばらしい。


そうとはいえ
新しく発売される財布も常に気になられています。

お電話で

「ブライドルレザーのお財布ありますでしょうか?」


はい 
ござい   ます。



プレゼントなんですね

そうです。


お持ちのお鞄を拝見するに革のことを
熱く語ってもいいようにお見受けしました。

では

「ブライドルレザーは昔々英国で開発された馬具に使われる革で
手綱や鞍や鐙(あぶみ)に使われ
手綱や鐙は命綱であり馬を繋ぎ力尽くで引っ張ったり鞍と馬をつなぐ腹帯は
胴体を吊り上げ締め上げ安定させるのでなるべく伸びないように
雨に濡れドロドロになっても乾けばコシが戻るように 
蝋を時間をかけて染み込ませてとてつもなく頑丈に板のように硬く
つまり人ではなく馬!対応に仕上げられた革なんで
それほどの革を二つ折財布にすると折り曲げにくいことは確かです、、それでもよろしいでしょうか?」



DSC_0979


革トークはさておき
ギフトラッピングも承っております。


財布にて


(お店に)
「来る前の印象でブルーをメインで考えてて」

一応チェックのグリーン現る。


ここに来てこれは迷う!迷った!。

あ これは難しい選択ですね
その苦しさ解かります。


どちらもいい色ですねぇ。

黒はいかがでしょう?
黒は無いなぁ。普通ですし。


ブルーのつもりで来たのだけれど。



その場のアドリブでグリーンで!お願いします。

DSC_0963


確かに最終の二者選択は苦しい、、、。


お待たせしました。

出来上がっております。


「中身を入れ替えていきます」


新車ように何もかもスマートに収まります。

空になった財布がやけに切なく美しく見えました。



「息子にやろうと」。

DSC_0955

そして記念撮影

革もロゴもファスナーも10年を無言で物語りそして
愛用の証し、全体の曲がりを奥様に直していただきました。


長く愛用された財布っていいですね。

↑このページのトップヘ