ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:1909-03

calling_2_25
昨年12月にお買い上げいただいたゴートモッズ

革のコート何着か持ってたけど、これ1着あればいいやと思って
全部譲っちゃいました。

ちょっとゆったりめなので寒い時は中に着込めるし
重宝していますよ。

これは買って良かったです。

ただね、嫁には不評なんですよ。
匂いがきついって笑
僕なんかこの匂いが好きで寝室に置いてるですけどね。
娘もいやみたいですが、6歳の男の子は大丈夫なんです。
女性受けはしないみたいですね笑

1909-03
ゴートタンニン製品染めモッズコート
275,000円

2021AWでもリリースされます。


2020AW(秋冬)コレクション
店頭受注会
3月5日(金)12:30-17:00
3月6日(土)12:30-17:00

上記2日間は2021AW(秋冬)のコレクションサンプルを
店頭にご用意致しております。
(通常営業も致しております。)

2021AWの商品が店頭に並ぶのは、早くて7月ですが
いち早くバックラッシュの新作を、見て着て感じることが出来ます。

既製品でサイズが合わない方は
受注会の時のみサイズを調整することが出来ますので
この機会をご利用下さいませ。

ご希望の方はメールにてご連絡くださいませ。
コロナ感染症対策のためアポイント制にさせていただきます。
info@callingbacklash.com

コーリングバックラッシュ2021AW展示会レポートは
メールマガジンで配信いたします。

※メルマガ登録はこちらから
すでにご登録されている方は必要ありません。
http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html


別件でECサイト、レビュー企画実地しております。
期間は2021年3月20日まで。
お持ちのバックラッシュの商品にレビュー投稿していただくと
5000円以上で使える1000円クーポンを投稿者全員にプレゼント。
実際に着用して使った本当のところお聞かせくださいませ。
(ライダースに限りません、財布やバッグ、靴、商品ならどれでも可能です)
レビュー投稿お待ちしております。
レビュー投稿は商品ページの下の方から行えます。


「東京で一回試着して迷って買わなかったんですよね。
でやっぱり欲しいなと思って行ったら売り切れてて。
大阪に用事もあったのでこれは行かなきゃと思って」
calling_11_16_2
1909-03
ゴートタンニン製品染め
モッズコート
275,000円

「買えて良かったです」とお客様。

当店もサイズ切れが多くなっているので
サイズがお客様に合い気に入っていただけて良かったです。



calling_11_30
1909-03
ゴートタンニン製品染めモッズコート
275,000円

広島から通販でご購入のお客さま。

calling_11_30_2
黒の下のチャコールグレーが見えヴィンテージ感のあるコート。

ECサイト限定
11月21日〜12月31日までWポイントでポイント6%還元。
また税込55,000円以上お買い上げの方にノベルティーとしてTシャツをご用意しております。
ノベルティーは店頭でもご用意しております。
数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。

calling_08_04
1909-03
ゴートタンニン製品染め
モッズコート
275,000円

2020AW
9月上旬発売

ブラックとブラウンの2色展開です。
ブラウンはすでに予約完売しました。

ヴィンテージに忠実にゴートレザー(山羊革)を使用。
細やかなシボが立ち、程よいギラつきがある革です。

しなやかさが持ち味のスムースレザーとは逆のワイルドな風合い。

G-1の原型モデル、戦前M-422Aは1930年ごろのものが
ヴィンテージでも良いもの残っていますが革は山羊革。

当時、軍のフライトジャケットやコート等で
牛革を使うには重量的に重たくなるため
丈夫で軽量、そして水や湿気に強い山羊革素材は
格段に採用率が高かったそうです。

ゴートモッズは革のコートは重い、という概念を覆します。


2021SSコレクション展示会、
コロナが増えて急遽明日の東京行きを断念しましたが
展示会内容はメールマガジンで発行いたします。
ブログよりも濃く書いておりますので
ご興味ある方はご登録くださいませ。
現在2021SSコレクションレポート第三弾まで配信しました。
登録いただいた方はこれからのはもちろん、第三弾まで配信いたします。
コーリングバックラッシュ メールマガジン
店頭受注会は8月8日(土)9日(日)予定しております。
コロナ対策のため今回アポイント制にいたします。
ご来店ご希望の方は事前にご来店日と時間帯メールでご連絡くださいませ。 
info@callingbacklash.com  


営業時間:12:30~17:00 
定休日:毎週水、木 
日曜日はアポイント制で営業いたしますので
日曜日ご来店ご希望の方は事前にご来店日と時間帯メールでご連絡くださいませ。 info@callingbacklash.com  

本日のブログも引き続きメルマガで配信(3月7日配信)した2020AWコレクションレポートです。

コレクション
レポート③は2月25日の秋冬展示会から
(コレクションレポート②は飛ばしました)
本日までの間にお客様からご予約やお問い合わせの多かったものを
お伝えしたいと思います。

次回秋冬はミリタリーテイストが久しぶりにあったので
ミリタリー系はご予約が多く入っております。

人気のレザーはこちら
1773-09
ジャパンショルダー製品染めのM65

以前発売されたM65はイタリアンショルダーで
もう5年ほど前だったように思います。
(もっと前だったかもしれませんが)
アームも細く、バックラッシュらしいタイトな仕上がり。
スタイリッシュなM65です。
写真では前を閉めていますが、
前を開けてPOPな柄のシャツやセーターなど見せて着るのも良いと思います。


次いでモッズコート
1909-03
ゴードタンニン製品染め

ブラックもありますがブラウンもいい色です。

もう20年ほど着込んだような風合い。
これまでのモッズコートよりずいぶん軽く着やすかったです。
山羊革の表情は牛革と違ったシボで独特です。

コレクションレポート①に展示会での感想を書いた
ジャパンショルダー製品染めの立ち襟もお問い合わせ多めです。
1773-01

こちらのバックラッシュデザイナー片山氏の私物は
14日、15日の受注会でご用意予定です。
柔らかく馴染んだジャパンショルダーを触って確かめていただければと思います。

高いけどこれは欲しい!という熱い方がおられたのが
1839-03
MARYAM ダブルライダース

これは本当にいいです。
着込むほど色気が出てくるだろうなと確信出来るレザーです。
ただお値段が32万となかなかな金額なので、
清水の舞台から飛び降りる覚悟でご予約くださいました。

パンツは
1911-01 アルパカワイドパンツが注目株です。

こちらもコレクションレポート①に書いていたので
それを読んでいただいた方から反応がよかったです。

ちなみにパンツの丈はくるぶしより上くらいが
このパンツのデザイン(マネキンに穿かせたパンツ丈を確認してください)になります。

着用写真は僕が身長158cmなのにサンプルのMサイズを穿いているので
フルレングスのパンツに見えてしまっています。
お客様に誤解を与えるような写真ですが、サイズをアップして穿くのもありだと思います。

靴はスニーカーよりブーツや短靴の方が
ご予約やお問い合わせ多かったです。

633-01
ジャパンカーフスエード

ブラックよりブラウンの方がコーディネートしやすそうと
ブラウンをご予約いただきました。
ブラックもコーディネートしにくいわけじゃありませんが
ブラックだとモード、ブラウンだとカジュアル。という感じです。

ブラウン着用写真

春夏、秋冬関係なく履けるブラウンです。

MARYAMのブーツも個人的に良いと思います。

何と言っても素晴らしい革ですし、
価格が105,000円+tax

同じ形のダブルショルダーが93,000円+taxなので
値段差もあまりなく、得な気がするのは気のせいでしょうか。

細めのパンツで、足元ちょっとぼてっと。
ワイドパンツにも合います。

以上、本日までのお客様の反応のご紹介でした。

※メルマガ登録はこちらから
http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html 


店舗もしくは通販で22,000円以上お買い上げのお客様に
ディアスキンレザーマスクをお付けしておりま
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。
calling_4_11c

現在ご来店はアポイント制にさせていただいております。
ご来店ご希望のお客様はメールくださいませ。
お手数おかけしてすみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

info@callingbacklash.com




「モッズコートとM16」
次の秋冬に登場します。

古くから名品と呼ばれる形を進化させた今回のアイテム。
実は以前も出してたこともあり
それを探してるお客様はたまにおられます。
モッズ、ミリタリーテイスト好きに根強い人気があります。

413ZK0MXR3L._AC_[1]
写真は映画「さらば青春の光」から引用

近年モッズコートは布もので出したりしていましたが
オールレザーは久しぶりです。
今回はヴィンテージに忠実にゴートレザーで。
細やかなシボが立ち、程よいギラつきがある革です。
backlash_1909_03
しなやかさが持ち味のスムースレザーとは逆のワイルドな風合い。
当時、軍のフライトジャケットやコート等で
牛革を使うには重量的に重たくなるため
丈夫で軽量である山羊革素材は
格段に採用率が高かったそうです。
backlash_1909_03_1

袴や袖、エポレットの縁にアタリが出ます。
着込むほどに経年変化が楽しめます。

バックラッシュの”やるならビンテージを超える”スピリット。
ヴィンテージ物でよくある「もっさい感じ」がありません。
色は黒もいいですが、より「くさい」コゲ茶色で。
ムード抜群です。

当時と今が混ざり合ったスペシャルモデルです。
 

                               calling backlash

↑このページのトップヘ