ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:ISAMUKATAYAMABACKLASH

calling_4_30
写真手前から
342-01 ブライドルレザー 11,000円
387-02 クロコ GRAY 22,000円
387-02 クロコ INDIGO 22,000円

キーホルダーにしては少し大きめで、
カバンの中を探すときに見つけやすいです。

ちょっとしたものですが、鍵は毎日使うものなので
好きなキーホルダーやキーケースで使いたいものです。
個人的にそう思います。

店舗もしくは通販で22,000円以上お買い上げのお客様に
ディアスキンレザーマスクをお付けしておりま
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。
calling_4_11c

現在ご来店はアポイント制にさせていただいております。
ご来店ご希望のお客様はメールくださいませ。
お手数おかけしてすみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

info@callingbacklash.com




「欲しいものを必ず手に入れたい」

そんなニーズにお応えできる
半年に一回の受注会が終わりました。


今回もいろいろリクエストを伺いました。
サイズ、色、形等
「それ」 でないと自分にとっては意味が無い、、、。

それに迷いなく、まっすぐに。
calling_3_13_2
それに
ある程度、お答えすることが出来てよかったと思います。

バックラッシュというブランドは
その生産背景や生産工程に伴い
代替えになるようなブランドがあまり無く
探してるものが限定的になればなるほど
入手しにくくなり、そしてなかなかのお値段


今回、受注会では一般的には店頭で並ばない
品番のリクエストが目立ちました。
DSC_2586
最後のお客様はその色は「赤」そして形はダブルで。

レザーによれば
まだ間に合うものもありますので
ぜひお声かけください。

info@callingbacklash.com

※メルマガ登録はこちらから

http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html 

                                                                             calling backlash


フレンチショルダーの色で「ブラウン」があります。

結構明るめの茶色で目を引く色です。
暗い店内で黒っぽい色のレザーばかり見ていると
そこだけ明るく少し浮いている感じがします。


昔々 バックラッシュは(15年以上前)に
黄色に近い茶色を出したことがあります。
土色というか黄土色でした。

当時、お客様との会話で
「素の革を土の中に1年埋めてたんですよ」
という笑い話が通用する何とも言えない微妙な色でした。


今回展示会
あらためてフレンチショルダーのブラウンは新鮮だなと思いました。

昨日お客様から電話で
今回フレンチのセミダブルお願いするわ。
「色はタンの方で」
と言われ、ブラウンの方ですね?
聞き直させていただきましたが
確かに、、タンのほうがしっくりきました。

calling_blog_7_4
ウイスキーでもなくモカでもなくチェスナットでもなくブラウンでもなくキャメルでもなく。


レザーの世界では昔からポピュラーな色 「タン」。
DSC_2573
靴や財布、ベルト、レザーのサンダルとかよく見かけます。

茶系は黒よりも
いろいろな色の表現があり、変化していくという面白みもあります。

実はバックラッシュ
昔から茶色方面もいろいろと充実していました。
その時々に出た茶系、もう買えない茶系、黒よりも種類があったと思います。

黒のレザーをお持ちの方
茶系のアイテムにも少し注目していただければと思います。




コーリングバックラッシュ2020AW展示会レポートはメールマガジンで
ただ今第二弾まで配信中です。

※メルマガ登録はこちらから

http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html

明日から
いよいよ東京で
Isamu katayama backlash 2020AW展示会が開催されます。


今年の秋冬コレクションは?と期待が高まっています。


秋冬にバックラッシュのレザーを一着
とお考えのお客様は

新作 新しい情報発信しますので

ぜひともお楽しみにお待ちくださいませ。


大阪での新作受注会は3月上旬です。




各種ご登録いただけると
コーリングバックラッシュならではの情報をお届けします。

メールマガジン
http://www.callingbacklash.com/mail/magazine/index.html

ライン
https://line.me/R/ti/p/%40fmn0465g


※明日は展示会で東京出張のため休業いたします。


19_04_26b
※前回受注会 
(カラーものをお考えのの方はオーダーがおすすめです)


19_04_22c
革の違いも確かめていただけます。



calling_12_11
前回のザライン展示会(東京)






18_12_08_02
受注会 (大阪)

お気軽に色んなご相談お待ちしております。



                                  calling backlah


がんばってレザーを着てる感・・・

その感じを抑えるには?

ちらほら言われることがあります。


メンズファッションのムードが変わってきたこともありますが
季節的なことでもあったりします。


頑張ってる感はどこから来るのか
少し和らげるには?

それには3つくらい試せることがあります。


パンツや靴を見直す。


先日もブログにありましたが
どうしてもタイト&タイトになりがちな上下を
この際、おもいきって崩してみる。
試しにコンビニに履いていくスエット。それを合わせてみましょう。
はじめは違和感がありますが、そのシルエットに慣れるのが目的です。
ワイドパンツ、スニーカーどちらか、どちらも取り入れれば
どこか軽くなり新鮮な雰囲気になるかもしれません。


サイズ感を見直す。


少しだけ余裕があるサイズ、ワンサイズ上でも
着こなし方で今っぽい感じになります。
緊張感みなぎるキツめのレザーを着る
それもレザーの魅力でありますが
すこしサイズを上げるだけで動作や気持ちに余裕が出ます。


黒っぽくなりがちなコーディネートを見直す。


黒×黒のコーディネートは確固たるイメージを打ち出すには
便利ですが、反面カテゴライズされてしまいます。

一枚目のレザーは黒が圧倒的ですが
セカンドで注目されるカラー物のレザーアイテム
茶やグレー、ネイビー系のレザーでも効果ありです。
そしてボトムを白系くらいの明るめで、なおかつワイドで。
飛び色を入れても良いです。
例えばオレンジ色のスニーカーとか
ライトな色をインナーやソックス等どこかに。


これから春の日差しになってきます。


客観的に見て、重い感じになってる場合は
ある意味頑張ってない「ヌケ」感を出していきましょう。
DSC_2565
ヌケアイテム

カラー物のニット帽
デニムのキャップ
茶系のグラデーションマフラー
ボーダーとマルチカラーソックス
スエット地のジーンズ型パンツ
よれよれ感のあるシャツ


テンションをさげたリラックス感がいい感じになることがあります。

赤の財布
よく赤字になるよともいわれます。


しかし昔から根強い人気カラーです。


あるデザイナーは言いました。


「使い込むと黒ずんで
血の色みたいになってカッコいいんですよ」

妙に印象的な表現でした。


赤のレザーには赤なりの変化があります。
DSC_0952
結構鮮やか


レッドのイメージ

ぱっと思いつくのは
ゴレンジャーのリーダー
アントニオ猪木のタオル
トランプ大統領のネクタイは割と赤。


強さを表現する色かもしれません。




探しています。


どんなものでしょう?


昔、出てたあの形ですが、、。


以前出てたダブルで、、。
DSC_2189


確かベストでこんなベストが、、。


赤のダブルを探してます。


茶色のシングルが欲しいのですが。


ネイビーで、、確か。
DSC_2185

そうですね、、。
ありましたよね。


calling_blog_7_4
以前あったあの形は?とかあの色は無いですか?
と言われることがよくあります。

はるか昔の記憶に頼ることも。
コーリングもオープンして15年近く
お役に立つこともありますがご期待に添えないことも、多いです。

そして仕入れ完了後
シーズン(販売期間)中では”偶然たまたまあった”に頼らざる得ない状況で。。

あってもサイズが無かったり

形が違ったり 色が違ったり
calling_09_19


カラーもの、生産数が少ないレアモデルは
はなかなかの難関アイテムです。



backlash-1775-02-BR-s-03-pl
そろそろ展示会(今年で50回!?目のコレクション)

展示会が近づくと

あの形でとか

あの革で

あと靴のサイズやエキゾチックレザーの財布の問い合わせも増えます。


今年の冬はあの形でこのサイズのオーダーを
という計画がある方は
一度お気軽にご連絡くださいませ。


calling backlash

T : 06 6281 8758
E :info@callingbacklash.com



↑このページのトップヘ