ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:ISAMUKATAYAMABACKLASH

最後の一着

だからこそ気になる


バックラッシュの魅力 ”希少性”


サイズもあってる
DSC_2542
これは気になってくる


他の形もお試しに
ライダースやミリタリーコート


しかし、、。



次の日
二度目のご来店


もう一度ご試着


気になるところ


細かくはあるが
大きくは見当たらない



これを買い逃すと大きいかも

そんな時間を共に過ごしました。



そして、お買い上げ
DSC_2549


ラストワン
最後の写真を一枚


釣り上げた大物のような写真になりました。



そしてそのまま
着てお帰りになられました。


コーリングバックラッシュには
かなり昔のラストワンがまだあります。




先週「革製品の行きつく先は」


ザラインを
ご検討されていたお客様



昨日オーダーをお受けしました。


形はダブルと決まっていたのですが
ダブルにも色々あり、そして革の種類も。
DSC_2543
グイディも候補に挙がりましたが

ご試着いただき
革の感触をご確認

結果
オーソドックスでシンプルなT-005イタリアンカーフで。



あとサイズ

元サイズはXLから調整


そして
着丈が一番のこだわり処でした。
DSC_2544

67.0㎝で決定。


袖丈は少し短く。
(袖の長さと着丈の長さは相関関係にあります)



色はネイビーとブラックでどちらの良さもありましたが


「黒」で。


何よりサンプルのブラック
艶のないマット感がかなりお好みだったようです。

グレイがかって見えますね。


出来上がりイメージの
ポイントを共有、確認しながらのヒアリングでした。
DSC_2547
(カンガルーの裏地もいい感じでした。)



正直、歳からいくと
ザライン、まだ早いかなと思ったんですけど、、。


いえ、革製品に早いってことは無いですよ。
私も30年前の靴
すこぶる良い感じになってまだまだ履いてますし。




では
イメージの行きつく先に出発です。


革にはいろんな革があります。

あと使用するにあたり
良い感じに変化したりします。

逆もしかりで
思った感じに変化しなかったことも

硬いまま

色抜けした

艶が出ない等、様々です。


そこで大討論に。


同じ革だから同じ色だから
同じになるとは限らないことも。

革製品のつかみ所のない
不思議なところです。

インターネットでの情報が
より事を複雑にしてるところがあり
他人の芝生が気になります。


お店で色んな着用、使用を見ていると
あれっ?と思ったこともしばしばです。


良い感じに化けてるなあと
感心したのがこのライダースです。
DSC_2534
良い感じですね。



そしてもうひとつは

あるバイカー系ブランドでライダースをオーダーをして
出来上がってきたイメージが違ったことが、、。

これはお互いの行きつく先のイメージ(感性、考え方)の相違なので
なかなか難しい問題です。

DSC_2539
そして
ザ ラインは如何に、、その上でサイズ感をご検討。


今日はその辺りをお客様と 
”腹を割って”ディスカッションできました。
個人の好みに近づけることが可能なオーダーの場合
店側、お客様側、思いつくままいろいろ自由に
対話することはかなり重要なことです。


革製品、レザーにまつわるあれこれ
手に入れたその後の到達点が
未知数だからこそ惹かれるかもしれません。


購入ご検討のお客様いつでもお声がけくださいませ。

昨日

フレンチショルダーの接客にあたりました。

calling_blog_8_13
その方はフレンチダブルMサイズでドンピシャでした。
あまりのジャストさに少々驚きが。
もう一枚、おなじMでも若干の体感の違いあり。


お友達も試しに
ということでしたがかなりの筋肉質


腕の段階でギブアップ
肩まで入れることは出来ませんでした。

その後


イタリアンダブルショルダーのダブルもご試着
calling_09_22c
フレンチがMサイズなのでLを着ていただきました。

こちらもドンピシャです。


いままでバックラッシュを2,3着購入し、着てみたのですが
手放したものもあります。と。
メキシカンは手なずけられませんでした。


今回のフレンチは試着の段階で
これは来た!という感じです。
07_20b
着やすい。ファスナーも良い。

この一着!を求めれば求めるほど
バックラッシュは次を出してきますね。


レザー製品のサイズ選びは悩ましい
19_04_22

体型でサイズやモデルが変わることもしばしばなので
ぜひ
購入前のご試着やご相談は時間をかけてください。


calling backlash best riders  


サイズ感ということで


本日はおまけ


ピープルハヴザ・パワー/コーリングバックラッシュの三軒隣りにあった
常連さんにはおなじみの「コロッケのとん平」
かれこれ7年くらい前に惜しまれながら閉店。


本日久々にコーリングバックラッシュから徒歩15分
現存する唯一の姉妹店に行ってきました。

伝統の野菜炒め定食
DSC_2536

ふっくらとした”あの”サイズ感は変わりなく味もそのまま。


冷えた心をホクホクの野菜炒めで包んでいただきました。


大阪コーリングバックラッシュご来店ついでに
食べ歩きされる他府県の方の
ご参考になれば幸いです。


新春の話題がありました。

3月にある式があり、ライダースで出席しようと。

そして
イタショルのダブルをお買い上げいただきました。
(年末年始で4着連続でダブルが出てます)

そこで新たな議題が、、。

その式にあたり
中に着るものををどうしようかと思案中です。


晴れの日の装いなので
少しドレスっぽい感じで仕上げたらいかがでしょうと
タイドアップをお勧めさせていただきました。


大定番おなじみの黒の極細ニットタイ(ただいま欠品中)に
白無地のワイドスプレッドシャツ
DSC_2518
レスレストン ¥23000-

そして黒のレザーに対して
グレーの光沢感のあるサマーウールパンツ。
DSC_2520
PT 01 ¥35000ー

グレーもいろいろありますが春ということで
今回はミディアムグレーで。
DSC_2507

シックにモノトーンでまとめる作戦です。


春が来るのが楽しみです。


気にならなかったモノが
急にカッコよくなる事があります。

長くお店をやってると
前の商品が以前にも増して
やたら気になってくるときがあります。

状況が変化し
今逆に(バックラッシュ現象)、これ良いんじゃないか?

見えて無かったものが急に見えた感じ
昨日そんな感じになりました。

それを試したくて
顧客さんに「これ試着してくれませんか?」と
軽く遊びでお願いしました。

鏡の前で合わせた瞬間

バッチリ、コラボがハマった感じになりました。

なんでだろうと考えた結果
この方は目の色や髪の色で
茶色系が似合う要素をお持ちだということでした。


その時の写真
DSC_2474
良い感じです。似合ってます。
極太のパンツとも相性良いです。

このヴィンテージレザーの茶色(カーキ)
DSC_2477
折り曲げた所、当たった所が思いっきり白くなってます。


これがニクイほどワイルドでカッコいいのです。
DSC_2478
一見、おもいっきり傷だらけに見えるこの感じ(白化現象)
この難解な感じがバックラッシュの魅力です。


一方 お店では
イタリアンダブルショルダーのダブルライダースのBKが
男性女性に売れています。

コーリングバックラッシュは狭いです
そして暗いです。
室内はすべて黒に塗られています。

二年ほど前

大きな男性がお二人ご来店されました。

どちらの方も180センチ越えです。

お二人とも背が高いというのが珍しく
すこし頭を下げて入店されたその光景を覚えています。

狭い空間にヌッと現れたお二人
かなりのインパクトでした。

今日はお一人でご来店
DSC_2420
オリーチェのダブルを一年以上着ていただいてます。

もう一人の方は
自分にはサイズの選択肢が無いというのもご承知で
受注会でオーダーしますとのことでした。

その時点から受注会まで3か月
オーダーして出来上がるまで6か月
かれこれ一年越し。


オリーチェのお客様が
「あいつホンマに嬉しそうでしたよ」

DSC_2425
イタリーホースセミダブル 188㎝おありです。

出来上がった時、写メが送られてきたそうで
見せていただきました。

「毎日着てるって言ってました」

こちらもとても嬉しくなりました。

「イタリアンカーフ」

ザラインの中でも揺るぎないものの一つ



今日は
ダブルをお考えにご来店いただきました。


「まあ歳的に、これ一着で、がポイントです」

先程、某有名レザーライダースブランドでもご試着
ご検討されたとのこと。

胸囲が100越えで身長が170センチくらいの方です

では色々お試しください。


まずはフレンチ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
ファスナーも多く、ぎらついた感じが特徴です

そしてイタリアンダブルショルダー
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
バリっと硬く手なづけるまで時間が掛かるかも

オリーチェ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
正統派ダブルで革が厚い 先ほ試着したのブランドに少し似てる

最後に

ジャパンカーフ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
少し若い感じがするデザイン 好きな人は好きなでしょうね。

と盛り上がりました。

そのあとザラインのグイディもご試着いただき
やはり気になるのはフィッティング
胸囲についてはXL相当の体型ですが
既成サイズだと微妙につじつまが合わない


そして

ザラインのダブルを。
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース


サンプルサイズはM
まったく前は閉めることは出来ません

しかし収縮性がある柔軟な革質なので
イメージは充分掴んでいただきました。

「丈の感じはこれくらいがいいかも」

「革の厚みはもう少しあるほうが好みです」

イタリアンカーフは長く着ていただけるよう
それほど厚くしていないんです。
確かにショルダー革やステア革の
フレンチやオリーチェの方が骨っぽい重厚な感じがありますよね

バックラッシュのライダースを複数お持ちのお客様に
ラインのイタリアンカーフは
何処も無理がない着心地とよく言われることがあります。
ついつい袖を通すことが多くなると。

一長一短を熟考の末
ザラインのイタリアンカーフダブルをオーダーされました。

出来上がる前ですが、少し達成感。

きっと
吸い付くような着心地が病みつきになります。
期待してお待ちくださいませ。


THE LINE イタリアンカーフ

お客様がご来店

一見、
バックラッシュ的ではないような
雰囲気をお持ちのお客様

ライダースをお探しに。

どのようなモデルですか?

ネットに乗ってた、、んですが。

うちのページでしょうか?

そうだと思いますが。

これです。

ご指定の画面を拝見
ダブル?ですね

はい、ございます。

ファスナー変更で別注して少し値段が上がりましたが。


バックラッシュは初めてですか?

そうです。


2着ほど淡々とご試着いただき

やはりしわが入ってないほうが好きですね。


光沢感のある表革が気に入っていただけた感じです。


さり気なく着こなしの大人ライダース
DSC_2443
良い感じにスムースレザーと個性が調和されていました。



calling backlash best riders





寒くなってきました。

これからの季節
レザーだけで真冬を過ごせるか?

この時期、よくいただくご質問です。

程度にもよりますが
極寒は中々厳しいですね。

レザージャケット、ライダースはオーバー(外套)ではなくアウターです。
よって通年、出番が多いわけですが
しかし一枚物のレザージャケットは
防寒着ではありません。であれば何かしら上に着ないと、、、。

↓こちらは防寒が施されたレザー
ムートンジャケット 内側の毛が暖かい
DSC_0769
これなら大丈夫です。
そうでなければ何らかの防寒着と合わせないと真冬の時期は寒い。
中に分厚いセーターを着込むこともアリですが(しかしタイトめで着てる)

レザーの上に何かしら羽織りたい。少し無理があるのを承知で、、。
ではレザーを中に使ったコーデ、ご紹介します。


まずはコート
DSC_2427



ウールのコート
DSC_2429



マウンテンパーカー
DSC_2415
パラフィン加工やオイル度加工、ザックリしたツイードであったり
最近流行りのスポーティーなハイテクものではなく
ローテクな素材であればうまくまとまるでしょう。


ちなみに 、、
上記コーデには、ある法則があります。
そこをおさえると、ある程度インナーにレザー着てるぜ感を
やんわり中和してくれます。


それは

トーンオントーン(同じ色系)にすること。
20180224_3
この方、レザーではございませんが
すべて同系色でまとめています。

異素材、違う素材を合わせるなら、近い色、同じ色で。
差し色の小物を使うのもやや危険です。靴ぐらいにしておきましょう。
20180224_2
髪の色まで


20180224_1
お見事


寒いからとりあえず着込みましたではなく
「色コーデで合わせてるんだな」に持ち込みましょう。

レザーといえばやはり一番多いのが黒
アウター類は黒からグレイのグラデーションで。
さし色で黒のスニーカー白ソールもしくは白スニーカー
外しでカーキ辺りでコーディネイトしてみてください。


↑このページのトップヘ